(1) 研究集会~記念公演、企画シンポジウム、研究分科会(各研究部門ごとの講話、問題提起、実践研究発表、シンポジウム、討議、一般研究発表、公開保育、保育相談)
(2) 部門別研究~豊かな心づくり、健康な体づくり、食育、人とのかかわり、環境とのかかわり・いのちを大切にする保育、科学する心を育てる、児童文化、音楽表現、造形表現、身体表現、伝統文化・地域とのかかわり、異文化理解・国際協力、園環境・教材・教具、保育計画・保育評価、保育の方法、保育者と幼児とのかかわり・気になる子への対応、障がい児とともに育つ保育、子育て支援、預り保育・延長保育、乳児保育、幼保小の連携、園内研修と保育実践研究のありかた、5歳児保育の必要性などの研究部門で研究を重ねていきます。
(3) 研究誌の発行~投稿された研究論文、部門別研究会や研究集会の成果と課題、調査研究の結果、保育を高めるための提言、すぐれた保育実践の紹介などの内容で、原則として年1回刊行します。
(4) 国際交流・国際貢献~九州の地理的特性を生かして、主としてアジアの保育界と交流し、すぐれたものを取り入れ、途上国にたいしては保育が発展するための援助を行ないます。
(5) 共同調査・共同研究~必要に応じて調査・研究を行ないます。
(6) 保育講習会~九州地区の保育の向上に必要かつふさわしい内容で保育講習会を開催します。
(7) 保育相談~本会の会員から寄せられる保育実践上の問題にたいして、その分野の専門的な知見を有する会員が回答します。保育相談は研究集会でも実施します。